風通しの良い住宅は快適な生活

新居で起こりがちなシックハウス対策のため、今新しく建てられる住宅には24時間の換気対策が施されています。これにより、湿り気やカビ対策に悩まされることはほとんどなくなってきています。けれども、住宅の立地や日当たりによっては、換気扇だけでは快適な環境を保つことは難しいです。特に衣類や布団類が収納される部屋は、窓を開けて空気の入れ替えができることが望まれます。できれば部屋の対向する壁にそれぞれ窓があると、風通しが一段とよくなります。また、リビングなど長く過ごす空間にも、風通しを考えた窓が設けられていると、夏は省エネ対策にもなります。

快適な住宅選びをしましょう

賃貸でも戸建てでもマンションでも、住んだ後で後悔しないためには、快適な生活ができる住宅選びが大切です。一番大きなポイントは水回りです。水回りは北に置かれることが多いです。そのため、湿りやすく、浴槽ではカビが生えやすいです。こうした湿り気対策のために、窓を開けて換気ができるか、換気扇が備え付けられているか確認したいものです。また、梅雨時は、外で洗濯物が干せなくなります。日当たりの良い窓際に洗濯物を干せるスペースがあれば、室内干しをしても部屋が湿っぽくならないですみます。湿り気の多い住宅は、布団や衣類、カーペットをも湿らせ、虫を呼びやすくなります。換気や通気性のよさに着目して快適な住まいを手に入れましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 快適な住宅を作るには All rights reserved