住宅金利が最低水準の今が買い時

住宅は、史上最低水準のローン金利や省エネポイントなどの経済対策効果、税金の優遇措置の効果などにより着工件数が増加している一方で、消費税率引上げ先送りによる様子見傾向や景気先行き不透明感、円安傾向による建築資材の価格上昇などマイナス要因も燻っています。実際にメガバンクでは、国債格付けの下落を見越した国債離れや金融政策の方向転換に備えた動きが取られているので、住宅購入を検討している人は早くアクションを起こした方が良いと世論が動いています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 快適な住宅を作るには All rights reserved