断熱効果の高い快適な住宅

壁や床、天井、窓などの開口部に断熱効果の高い素材を使って建てた住宅は、熱の出入りを最小限に抑えてくれるつくりになっています。断熱材が冬の寒さを遮り熱が逃げないようにしてくれるだけでなく、夏にも外からの熱を遮断して暑さを和らげてくれます。家全体が適切な温度に保たれており、夏は涼しく冬は暖かい住宅です。そのため、とても住みやすい快適な生活環境といえます。また、最小限の冷房や暖房ですむので、冷暖房にかかるコストを削減することもできます。冷暖房を減らした分、二酸化炭素の排出も減らせるので、地球環境に優しいエコな住まいでもあります。

快適な条件を満たしている住宅

快適な住まいはいくつかの条件が満たされた住宅です。まず、夏は涼しく、冬は暖かく住める住宅であることが大切です。これには、日当たりの良さや、風通しの良さとともに、断熱性を考慮した二重窓やペアガラス仕様が施されている窓がよいです。次に、使用する場所が、目的に応じて使いやすい設計になっていることが大切です。例えば、キッチンであれば、調理がしやすい調理台であり収納棚でありレンジであることが求められます。風呂場や洗面所やトイレも、人数に応じて使い勝手がよい設計であることが求められます。そして、見落としがちなのが玄関です。家族の人数に応じた収納が確保できるスペースであることが必要です。以上の点をふまえて、快適な住まいを見つけましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 快適な住宅を作るには All rights reserved